2011/10/9のメッセージ - 「王のふるまいから」

10月9日 ネヘミヤ記2:1~8
「王のふるまいから」

1、過分の恵み

ネヘミヤ

『痛みの感情』

1、苦悩が顔に出る
2、顔色くみとる(洞察)。3、心配(推測)。
4、(恐れ)内心うち明ける。
5、あなたはどうしたい?(確認)。
『祈る』
6、故郷に帰りたい。
7、期間を尋ねる
8、王の質問に答える。
9、承諾。快く送り出してくれる。
『自分から求める』
10、更に肉の必要を求める。
11、承諾。与える。『神の恵みの御手』
12、求められた以上の過分の恵み

2、不きげん

ホロン人サヌバラテ

①以前に手伝いを申し出たが断られた。恨み。

②異教とユダヤ教の混在地。近親憎悪。コンプレックス。

③サマリヤ州総督(ネヘミヤはユダヤ州総督)。対抗意識。

アモン人トビヤ

①立ち居振る舞いが上手。

②ユダヤ人とうまく付き合い、他所でユダヤ(ネヘミヤ)の悪口を流し続ける。

広告
カテゴリー: メッセージ パーマリンク